この記事では、トイレのつまりの修理について、スピードや事前の見積もりなどの情報を紹介していきます。
あらかじめ学習しておくことで、このトラブルが起こった場合に、落ち着いて業者を選べるようになります。
毎日使うものだからこそ、適切な対処の方法を十分に把握しておくことが大事です。
業者の選択方法を中心として、具体的なポイントを挙げて解説していきます。
いずれも基本といえる内容なので、しっかり把握しておきましょう。

選び方で失敗しない!トイレのつまりの業者を選ぶときのポイントをご紹介!

選び方で失敗しない!トイレのつまりの業者を選ぶときのポイントをご紹介! トイレのつまりを解消できる業者はたくさん存在します。
しかし、仕上がりや金額をはじめとして、多くの点で違いが見られることに注意しなければなりません。
そこで欠かせないのが、トイレ修理の依頼先について正しい選び方を知っておくことです。
金額が安いという理由で漠然と選ぶ人も多いですが、その観点しか持ってないないと後悔することになりかねません。
再発の抑止まで視野に入れて、総合的に最も満足度が高くなる業者を探すことが重要です。
そのためには、依頼のしやすさからアフターフォローの充実度まで、多くの点をチェックする必要があります。
トイレが使えない期間が長いと困るので、作業の効率に関する評価を調べることもポイントの一つです。

トイレのつまりを解消するためのポイントとは

トイレのつまりを解消するためのポイントとは トイレのつまりを放置してしまうと、水があふれて床や柱などへのカビの発生や腐食を招いてしまうことがあります。
なによりもそのままではトイレを使い続けることができず、用を足すにも別の場所に出向かなければならないこと自体が、あまりにも困った話といえます。
このような場合につまりを解消するためのポイントがいくつかあります。
たとえば前兆としての異音であったり、水が流れにくいなどの症状が発生することがありますので、こうした前兆を見逃さずに早い段階で対処することが挙げられます。
異物が排水管をふさいでいるにしてもトイレットペーパーなどの水溶性であれば、時間が経過すれば水を注ぎ込むだけで解消する場合がありますし、そのほかであっても市販のラバーカップや洗浄剤などが利用できる場合があります。
またどのような方法を採用するにしても、無理をしないこともポイントといえます。
いきなり熱湯を注ぎ込んで便器を壊してしまったり、金属製のワイヤーを押し出して排水管を傷つけてしまうケースはきわめて多いものです。
状況をみながら時間をかけてていねいに行うほうが、結果としてはつまりの解消に結びつく場合があります。
もしも自力ではなかなか解決ができないようであれば、いさぎよく専門の会社に依頼をしてみるのも、やはりポイントのひとつといえるでしょう。

ラバーカップの正しい使い方をマスターしてトイレつまりに備えよう

トイレつまりを解消する方法はいくつかありますが、最も代表的な解消方法がラバーカップを使う方法です。一般名称は通水カップで、スッポンやガッポン、ギュッポンなど様々な名称で呼ばれていますが、この道具は正しい使い方をしないと上手くつまりを解消することはできません。そのため、トイレつまりが発生した場合に備えて、あらかじめ使い方をマスターしておくことが大切です。
まず通水カップは、真空状態の中で使用しないと十分な効果を発揮しないので、バケツなどを使って最低でもゴムの部分が全て水に浸るように便器内の水位を調整しましょう。また、通水カップを使用すると便器の周りに汚水が飛び散る恐れがあるので、ゴミ袋などで周りを養生しておくと安心です。
水位の調整と養生が完了したら、通水カップを使用することになりますが、この道具は押すのではなく引いて使うことを念頭に置いておく必要があります。まずゴム部分をゆっくりと押し付けて、勢いよく引っ張りましょう。そして、ゴポゴポといった音や水位が下がっていくことが確認できるまで、同じ動作を繰り返します。後は、バケツなどで水を流してみて、正常に水が流れていけば成功です。

専用の道具なしでもトイレつまりは改善できる

トイレットペーパーを大量に流そうとしたら、トイレつまりで大変なことになっていませんか。他にも様々な原因で起こることがあります。水が流れなくなってしまうと、水が溢れ出してしまって困ります。専用の道具なしでも、すぐにトイレつまりを改善する方法がありますので、やってみてください。水に溶けるものが原因であれば、お湯とジョウロがあれば良いのでこれらを用意しましょう。お湯は熱湯ではなく50度くらいです。
ジョウロにお湯を入れて、勢いよくつまっているところにお湯をかけます。そのまましばらく放置しておくと、だんだんとふやけてきますので水が流れるようになります。一度、やったけれど水が流れなかった場合は、同じことを繰り返してみてください。何度かやっているうちにきっと水が流れるはずです。それでも改善しなかった場合は専用の道具に頼ったり、業者を呼んだ方が良いでしょう。水にふやけるものがつまった時には、この方法を試してみませんか。

発生前に知っておきたいトイレつまりの前兆

水のトラブルは、ある日突然発生するものというイメージを持っている方は非常に多いかと思いますが、トイレつまりに関しては前兆となる症状が現れることもあります。完全につまる前に対処することができれば、被害を最小限に抑えることができるので、つまりの予兆となるサインを見逃さないことが大切です。
トイレつまりの前兆として現れる症状としては、「便器からの排水が悪い」「便器内の水位がなかなか下がらない」「水を流すと異音がする」「便器から異臭がする」といったものが挙げられます。これらの症状が現れている場合、便器の奥や排水管のどこかに何らかの異物が溜まっていて、水の流れが妨げられている可能性があります。放置すると完全につまる恐れがありますが、これらの症状は比較的軽度で自分で対処できることも多いため、早めに対処することが大切です。
また、「タンクからの水の流れが弱い」場合も注意が必要で、将来的につまりにつながる恐れがあります。タンクから流れる水が弱い場合、タンク内の部品や便器に続く水道管に何らかの不具合が発生している恐れがあるので、この症状についても早めに対処しておきましょう。

トイレつまりが起きた時にやってはいけないこと

水道のつまりの中で最も困るのがトイレつまりです。トイレつまりをできるだけ早くに解決しようとして様々な方法を試みますが、起きた時にやってはいけないことがあります。
まず何が詰まったかによって方法が異なっており、トイレットペーパーを大量に流してしまった場合、レバーを回して一気に水を流そうとしてはいけません。この方法であるとトイレから汚水があふれ出してしまいます。そのため水を流すのではなく40度から60度程度のお湯を注ぐようにします。もしトイレ内の水が多いのであれば水を汲み取って水位を下げてから注ぎます。1時間ほど放置をするとトイレットペーパーがふやけて溶けだし、水が流れるようになります。
水に溶けないものを落としてしまった場合、手や器具で取り出そうとしますが、奥まで進んだ場合はさらに押し込んでしまう危険性があります。排水管や排水桝まで進んでしまうと自分で解決することはできません。トイレは複雑な造りをしているので、無理やり取り出そうとせず、業者に依頼をすることが大切です。

トイレつまりはリスクの高い個人よりも専門業者

トイレつまりの修理は、個人でも不可能ではありません。修理方法はネットで紹介されていますし、使用する道具もホームセンターなどで購入可能です。
具体的な方法を知っていて必要な道具も手に入る環境なら、高額な料金がかかる専門業者に頼むよりも、自分で修理しようと考えるかもしれません。しかしトイレつまりを個人で修理するのはリスクが高く、直らないどころか状況を悪化させる場合もあります。状況が悪化すれば専門業者に依頼したときの費用もさらに高くなり、最悪の場合大掛かりな工事になる可能性もあります。ですからトイレつまりの修理は、リスクの高い個人でやるのではなく最初から専門業者に依頼をするのがベストです。
専門業者に依頼をすればすぐに駆けつけ作業を始めてくれ、スピーディーに直すことができます。トイレが使えないと生活に与える影響が大きくなり不便な思いをしますから、トイレつまりは専門業者に依頼をして確実に直すようにしましょう。

トイレの水漏れ修理のおすすめサイトはこちら

トイレ 水漏れ 姫路市

新着情報

◎2022/4/28

情報を追加しました。


>ラバーカップの正しい使い方をマスターしてトイレつまりに備えよう
>専用の道具なしでもトイレつまりは改善できる
>発生前に知っておきたいトイレつまりの前兆
>トイレつまりが起きた時にやってはいけないこと
>トイレつまりはリスクの高い個人よりも専門業者

◎2021/11/30

サイトを公開しました